いいもの掲示板

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

佐々木要太郎氏の料理 - 森のセンベイ

2019/06/22 (Sat) 17:44:24

今回で3回目の宿泊である。

1回目が確か開業した2011年。
当時は日本料理を基本とした料理が出されており、
客室自体はあまり使い勝手が良くない状態であった。
それから数年して経過して2回目。
2室を使い分けて良くなった。
その頃は熟成した鳴門鯛、地産トマトアレンジなど、
食材に手が施されて本当に美味しかった。

そして令和に入った3回目。
客室変更は殆ど無かったようだが、庭木が気になった。
そして大きく変更されたのが「料理」だろう。

Re: 佐々木要太郎氏の料理 - 福島の人

2019/06/25 (Tue) 12:43:00

こんにちは。
記事拝見しました。この牛肉は綺麗な色で美味しそうに見えたのですが、残念でしたね。
そういえば、訪問するたびに改良、新しい発見も!!という宿には未だ遭遇したことがない気がします。
ちなみに今年もGWはいつもの新潟のホテルに宿泊しました。変わらずいいホテルですが料金は毎年少しずつ上がってますね。

新潟大好き! - 森のセンベイ

2019/06/26 (Wed) 16:20:28

福島の人さん、こんにちは!

コメント、有り難うございます。
牛肉の件ですが、初回の宿泊時から外して頂いていたので、
今回はクレームと言うより妻の落胆の方が大きかったです。
※妻は道産子で、幼い頃から羊や馬、牛が遊び相手。
 友達感覚だったので、無理ですよね。

彼の料理やどぶは、毎月のようにメディア紹介されており、
今月も確か「婦人画報」で特集に組まれていたはずです。
その“前提”で訪れれば、きっと大絶賛するのでしょうが、
美味しいかどうかは、予備知識を以て考える事でも無いと思います。

新潟、いいですね。
魚介類が旨くて、日本酒も豊富で困ってしまいます。
しかも大好きなセンベイ類もいっぱい。
ここ2年ほど出掛けていないので、絶対イコーっと(笑)。

Re: 佐々木要太郎氏の料理 - 福島の人

2019/06/28 (Fri) 11:42:51

こんにちは。
そうでしたか。奥様の場合は苦手とかいう次元ではなく、それを「敢えて提供する」は有り得ませんね。全く理解できません。
以前の記事も改めて読み返してみましたが、そのように取り上げられ持ち上げられ続けると、どんな方でも傲慢になってしまうのでしょうか。

新潟は私も大好きです。
今回印象的だったのが石川県出身のタクシーの運転手さんが、「新潟なんてそうでもない、石川の方が海のものは美味い」と言っていたことです(笑)石川は未訪ですので、いつか行ってみたいです。
森のセンベイさんの今後のレポートも楽しみにしています。

旨いもん街道 - 森のセンベイ

2019/06/29 (Sat) 16:37:40

福島の人さん、こんにちは!

彼の場合は傲慢ではないと思うんです。
自分の理想の方が勝ってしまった…そんな所でしょうか。
ただ2回目、3回目は特段料理に惹かれて訪ねた訳なので、
そこが変更された以上、4回目は…無いでしょうね。

>「新潟なんてそうでもない、石川の方が海のものは美味い」
半分正解かも(笑)。
山形、新潟、富山、石川…。
この日本海側はまさに“旨いもん街道”ですよ。
「北上するほど豪快になり、南下するほど洗練されてくる」
という感じかも知れません。

福島の人さんも富山、石川の日本海巡りをしたら、
きっと料理にぞっこん!になりますよ(笑)。

※写真は金沢に宿泊したとき、料理屋でいただいたのどぐろです。

素敵なご旅行を! - 森のセンベイ

2019/02/06 (Wed) 21:25:24

福島の人さん、こんにちは!

>そろそろ夏の旅行の計画を立てる季節ですよね。
その通りだと思います(笑)。
今はお宿も飛行機も半年前予約が当然になってきました。
いろいろ巡らして考える…、これが結構楽しいですよね。

HOURAI、なかなか良かったので、きっと素晴らしいご旅行になると思います。
最上川ラインだと船下りを絡めて素敵だし、
月山ラインも景観が素晴らしい。
また近距離に知る人ぞ知る五重塔が2カ所ある!ので、
比べっこするのも面白いと思います。

12月のHOURAI、早めにアップしますね。

よもぎ埜さん、両親へのプレゼント、très bienです!!
親御さんの喜ぶ様子が目に浮かびます。
家族揃って出掛け、上げ膳据え膳で、
「湯ったり」「舞ったり」出来るのは最高ですよ~。
HOURAIを春カニ? 遥かに凌ぐ孝行旅行になるのは間違い無しです(笑)。

確か50周年?の頃に宿泊しましたが、
客室によって一部改装しているみたいです。

是非近況報告をお願いしますm(__)m。。。

ホテル海風土をアップ - 森のセンベイ

2019/02/11 (Mon) 17:54:41

「ホテル海風土」
檜露天付き二間和室をアップしました。

料理は……、客室は……。

詳細はHPでどうぞ。

HOURAI 1110をアップ  - 森のセンベイ

2019/02/16 (Sat) 19:31:54

湯野浜温泉の亀や「HOURAI 1110」を
アップしました。

写真はラウンジで、
チェックインもここです。

そして”飲み放題”コーナーでもあります(笑)。
 

Re: 素敵なご旅行を! - 福島の人

2019/02/18 (Mon) 13:59:14

こんにちは。
亀やのアップ嬉しいです!
しかし大変な旅になりましたね。東北人の私でも、冬の山形への旅行は躊躇します。繁忙期をずらした平日の静けさは羨ましい限りです。
森のセンベイさんは1110のお部屋がお気に入りでしょうか?私は雰囲気の好みで1111のお部屋を予約しました。まだまだまだまだ先ですが、今からとても楽しみです。
山形が食材王国は同感です!!海のものも山のものも野菜も果物もお酒もワインも全て美味しく、人も優しいので私も大好きな県です。

ちなみに海風土さん、私も1度伺ったことがあります。夕食に海のものがどどーんと蒸し物で出てきたこと、お部屋の庭で苦手な虫を発見してしまったことなどが記憶に蘇りました。

伊藤さん、美味しい! - 森のセンベイ

2019/02/19 (Tue) 17:56:07


福島の人さん、こんにちは!

そうなんです。
12月下旬であれば、雪は大丈夫だろうと思っていたのですが、
特大低気圧に遭遇してしまいました。
あの状態で客室露天で湯浴みしたら、
きっと日本海まで飛ばされていたかも(笑)。

HOURAIシリーズ、4月より値上げしますね。
今までが格安だったので、適正料金になりつつありますが…。

実は次の亀やさん、我が家もHOURAI1111を考えています。
確か湯船が2つあるのが魅力ですが、
リビングの居心地がやや気になります。
早くて夏?或いは葡萄の季節かな。

本当に山形は美味しいものが多くて、
伊藤さん(別ページ)の葡萄は別格ですよ。
お米も本当に旨いので、
月山経由で行かれるなら、訪れてみると良いと思います。

また宿泊されたら、参考にしますので、
是非感想をお聞かせ下さいm(__)m。。

海風土さん、うーーーん、でした(笑)。

Re: 素敵なご旅行を! - 福島の人

2019/02/25 (Mon) 11:17:26

こんにちは。

寒い中の露天風呂もなかなか良いですが、特大低気圧とくれば話は別ですね。確かに亀やさんお高めではありますが、他に比べればお盆時期の値上がり幅もそこまでではなく、納得できます。安いに越したことはありませんが(笑)
1111のお部屋素敵ですよね。確かにデザイン重視なところがあるので、座る場所に困らないか等の心配はありますね。

さて、先日、よもぎ埜さんにお邪魔してきました。宿泊後改めて森のセンベイさんの記事を拝見してみましたが、共感する部分が多くありました。両親は喜んでおりました。私の感想としてもお部屋(改装済み)とお料理、お風呂などは納得できるものでしたが...。週末でも空室があるのはそれ以外の部分の問題だろうなと。少し残念でした。

一番のプレゼント - 森のセンベイ

2019/02/25 (Mon) 21:04:14

福島の人さん、こんにちは!

そしてよもぎ埜さんから、お帰りなさい。

我が家で訪れたのは確か2年前だったと思いますが、
経年数もあって、少々高めのスタンダード?
変わったカテゴリーに入るお宿なのかも知れませんね。
この温泉街、「オーベルジュ鈴鐘」「熱海荘」など
魅力的なお宿が多いのも悩みの種でしょうか。

そうそう「守田屋さんのスイート」、
最終の日程が合わず、「○○○」に変更です。
初のお宿だったので、楽しみにしていたのですが…。

お宿に関しては様々あるかも知れませんが、
ご両親への慰労&感謝旅行だったので、喜びの笑顔が何よりです。
客室、料理、温泉良しなら、3拍子ですよ(笑)。
中身以上に、娘や息子が機会を設けてくれたこと自体に意義があり、
それこそが一番のプレゼント。
そのひととき、瞬間、瞬間、ずっと幸せに包まれていたと思います。

Re: 素敵なご旅行を! - 福島の人

2019/02/26 (Tue) 13:35:05

こんにちは。
優しいお言葉ありがとうございます。
そうですね、私はついつい厳しく粗探しのようなことをしてしまうのですが、両親はそのようなことはなく、楽しんでくれたので救われました。
熱海荘、気になっている宿のひとつです。レポは見つけられませんでしたが森のセンベイさんは宿泊済みでしょうか?

守田屋さん、残念でしたね。日程が合わないとなるとどうしようもありませんもんね。〇〇〇...全部平仮名でしょうか?辛口めなレポを拝見したことがあるような(笑)

ゾウさん? - 森のセンベイ

2019/02/27 (Wed) 17:48:33

福島の人さん、こんにちは!

>両親は楽しんでくれたので…
この企画がご両親のためだったので、実施=ファンタスティックですね。

磐梯熱海では宿泊したのは「楽山」「よもぎ埜」「華の湯」です。
「熱海荘」、ご存じの通り、
確か10数年前?全客室同一料金&格安という時期がありました。
それなら何も急がなくてもよし、いつでも大丈夫だろうと思っていたら、
元に戻っていました!
それこそ3拍子揃ったお宿なんでしょうね。
かなり割安だったので、宿泊しておけば良かったかな(笑)。

○○○はひらがな?、エッどこだろう??
宿泊したひらがなのお宿って、幾つあったっけ?
と逆に考え込んでしまいました(笑)。

来月なので、引っ張らずにすぐ答えても良いのですが、
ヒントは1.25mです…。


Re: 素敵なご旅行を! - 福島の人

2019/02/28 (Thu) 11:04:01

こんにちは。

今のところ予定はありませんが、いつか熱海荘には是非チャレンジしてみたいと思います。

ひらがなは森のセンベイさんの「瀟洒なひととき」で拝見しました。こちらも気になってはいたのですが、森のセンベイさんや他予約サイトなどの口コミを見て断念しました(笑)
そこではないとなると....1.25m.....??全然わかりません!

稲庭が美味い - 森のセンベイ

2019/02/28 (Thu) 21:56:13

福島の人さん、こんにちは!

平仮名なので、「ゆめや」あたりかなと思ったら、
>「瀟洒なひととき」で…
??なおさら分からなくなりました。
あのコーナーでお宿情報、何かあったかなあ…。

1.25m、引っ張ってしまってスミマセン。
これは名物の立ち湯、白猿の湯の深さで「鉛温泉」、
そしてゾウさんイラストでゾウさん→ジウさん→ジュウさん→十三!
鉛温泉に隣接している「心の刻 十三月」です(笑)。

「花かんざし」「山人」「侘桜」「とおの屋要」等が選択肢でしたが、
秋田は少々雪が心配。
でもいち早く横手の漆蔵資料館で極上の稲庭も食したい!
禁断症状が出てきたので岩手に決定です(笑)。

Re: 素敵なご旅行を! - 福島の人

2019/03/01 (Fri) 10:38:52

こんにちは。

〇〇〇は、すわや です(笑)

十三月、全く存じ上げませんでした!早速HP等拝見すると、なんと、とても素敵ではありませんか!!お部屋、お値段も良く、更にフリードリンクとは。県内もですが、県外は更に疎く、東北でもまだまだ知らない宿ばかりですね。お勉強させていただきます。レポート楽しみにしています。

記念日旅行です - 森のセンベイ

2019/03/02 (Sat) 10:47:49


福島の人さん、こんにちは!

>〇〇〇は、すわやです…

「すわや」ですか!
我が家が訪れたときは客室が未改装で、
広間と温泉だけが綺麗だったような…。

ご主人のオレオレ状態が凄くて、名刺持参で挨拶に来たのは、
後にも先にもこの方だけですね。
しかも料理の味は全く聞かずに自己紹介(。_。)。
それこそ「とおの屋要」佐々木要太郎さんの爪の垢、
飲ませてあげたいぐらいです(笑)。

十三月は鉛温泉本館の湯浴みも出来るし、
レトロな土産物店?もあるので結構楽しめます!

Re: 素敵なご旅行を! - 福島の人

2019/03/04 (Mon) 12:38:23

こんにちは。

すわやさんは森のセンベイさんのレポートに加え、予約サイトの口コミを見ると、宿主の方の小さなお嬢さんが、勝手に客室まで入ってしまうんだそうです...。子供が苦手な私達には宿泊は難しそうです。

十三月、素敵ですね。そしてとおの屋要さん。またしても私は全く知らない宿でした。大変興味深いです!

何度も訪ねたいお宿 - 森のセンベイ

2019/03/05 (Tue) 18:37:06


福島の人さん、こんにちは!

すわやさん、若いご夫婦でしたからね。
民宿であれば和気藹々なんでしょうが、
数組限定の静寂を謳ったお宿であれば、難しいかも知れません。

福島の人さんは「御宿かわせみ」のファンなので、
「とおの屋要」の料理&お酒はたまらないと思いますよ。
かわせみは足し算の料理ですが、
とおのは引き算でも無いし、足し算でも無い。
いわば食材の持って生まれた力を弾き出す二乗。
かけ算の世界です。
そして自家醸造の極旨どぶろく、ペアリングワイン&日本酒。
すわやさんの13倍!お勧めの夫婦の隠れ宿です(*^^)/。。。

無題 - 無

2019/02/12 (Tue) 20:52:09

拡散文書

【米国が仕掛けてるAI(人工知能)】

ip:182.251.251.2
host:KD182251251002.au-net.ne.jp
UA:Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.1; KYV34) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/71.0.3578.99 Mobile Safari/537.36

はじめまして。 - 福島の人

2019/01/17 (Thu) 00:54:52

温泉旅館を検索しているうちにこちらに辿りつきました。私の目的にぴったりなので今後参考にしたいと思っております。
ところで、宿泊年月日はどこかに記載されてますか?探したのですが見つからず...もし記載自体されていないのでしたら、参考にさせていただく身としてはいつごろの情報かは非常に重要ですので、記載いただけると嬉しいなと思います。
意図的に書かないようにされているのでしたら、聞き流してくださいませ。
最後に、3.11以降福島の宿を多く利用してくださってるとのこと、とても嬉しく思います。ありがとうございます。

Re: はじめまして。 - 森のセンベイ

2019/01/17 (Thu) 18:43:15

福島の人さん、こんにちは!

何かの縁で拙いHPにたどり着いてくれたようで、
有り難うございます。

お宿を中心に感想などを綴っていましたが、
宿泊日掲載?それって何のこと??
でも確かに、言われてみればそうかも…。
まさに青天の霹靂状態ですね(笑)。

かなりアバウトですが、「敬体」で綴っているお宿は古め、
大きめ写真を掲載しているのは新しめです。
具体的な宿泊年月日が知りたい場合は、
お宿名を教えてください。

福島と言えば、
この3月に磐梯熱海温泉の「守田屋」さんを訪ねる予定です。
確か絆スイートという客室があるようなので、楽しみにしています。

福島は自然あり、歴史あり、鄙びた温泉あり、
そして果物あり!で大好きな県の一つです。
3.11以前を含め、そしてそれ以降もよく訪れています。
福島の人さんお勧めのお宿は、どちらでしょう。
幾つか(県外を含め)教えてくださると嬉しいです。

Re: はじめまして。 - 福島の人

2019/01/18 (Fri) 12:24:32

早速のお返事をありがとうございます。

以前宿泊した旅館を再訪するか検討するにあたり、旅館の現状などを把握する為に今回検索をしていたので、このような書き込みをしてしまいました。突然失礼いたしました。

守田屋さんはずっと気になっているのですが、チェックアウト10時という点が大きな壁となっており、未だに伺えていません。(私にとってはこれが結構重要です(笑))記事を楽しみにしております。

私のお勧め宿ですが、森のセンベイさんが宿泊済みのところがほとんどです(笑)私の中では、御宿かわせみさん、松庵さんは非の打ちどころがないと思っております。
その他、森のセンベイさんがおそらく未泊と思われる宿につきましては、僭越ながら、のちほど問い合わせフォームからご連絡させていただきます。
記事を拝見していると、森のセンベイさんは私以上に厳しく全体を見てらっしゃるようなので、参考になるかは自信がありませんが...

Re: はじめまして。 - 森のセンベイ

2019/01/19 (Sat) 11:12:30

福島の人さん、こんにちは!

こちらの掲示板、そしてメールフォームでお宿の紹介、
有り難うございます。
しかも詳細な宿レポに感激です。是非参考にさせていただきます!

番外編の定宿、2回宿泊をしました。
上層階での眺めはなかなかですね。
確か美術館が併設していて、ちょうどシャガール展開催で、
2度美味しい!状態でした。
夕闇にまみれて繁華街での日本酒&料理、これも最高でした笑)。

タカミヤ系も魅力的ですね。随分前に本家に宿泊したのが懐かしいです。
その湯野浜にある「亀やHOURAI」、
先月でしたが、旅行中に”低気圧”と仲良くなったばっかりに、
相手は大喜び。風に舞い、雪も舞いで猛吹雪(笑)。
ただ眺望、料理、そして吟醸酒もインクルーシブ。
11時まで湯ったり出来るので、福島の人さんに合っていると思います。

今回紹介して下さったお宿で、
予約したものの宿泊までは至らなかったのが2カ所ありました。
確かに福島の人さんと同じ趣味の?お宿に宿泊しているのかも知れません。

コメントに合った「松庵」は何拍子も揃っており、
しかも景観と静寂感は抜群ですね。
ただここ最近料理があまり芳しくなかったので、
来月の妻の誕生会は「海風土」でしようと思っています。
「海風土」は魚介類が素晴らしく(その代わり肉は殆ど登場しません)、
妻が好きなのもあってそちらにしたのですが、
やっぱり「松庵」も捨てがたい良さがありますね。
必ず再訪するつもりです。

>私以上に厳しく全体を見てらっしゃるようなので…
辛口コメント、江戸っ子なので、良いも悪いも真っ先に口に出てしまいます。
そこはご勘弁を(笑)
ただ日常的には結構、いやかなり鷹揚に過ごしていますが、
ときには冷製に、おっと、スープじゃない(冷や汗)…
冷静に価値観を求めても良いと思うのです。
何もお宿に限らず、町の定食屋さん、ラーメン屋さんでも、
店がガタピシでも、
真摯に向き合っている所は応援したくなりますね。

Re: はじめまして。 - 福島の人

2019/01/21 (Mon) 10:48:44

こんにちは。

日航新潟は確かにいつも何かしら美術展が開催されてる記憶がありますね。隣に朱鷺メッセもありますので、イベントがある日だと得した気分になります。また、近くにはピア万代があり飲食や買い物を楽しむことができるのでとても便利です。

森のセンベイさんのHPを発見し、気になる宿や伺ったことのある宿など一通り拝見いたしました。亀やさんは一度伺ったことがあるのですが、その変貌ぶりに驚きました!調べると私がお邪魔したのは2010年。2011年に大幅な改装がなされたようです。2010年に伺った当時は眺めは良かったものの、狭いスペースに無理に露天風呂を付けたようなお部屋で、オールインクルーシブでもありませんでした。海が近く、海水浴を楽しんだ覚えがあります。記事を拝見し、お勧めのお言葉もいただいたので、是非再訪したいと思います。

そうですね。私も質のいい静かな宿が好きで、もはや観光というよりも宿そのものを楽しむのが旅の目的になっています(笑)
森のセンベイさんと私の好みの違いといえば、お料理部門の評価の比重ではないでしょうか。私の評価の仕方はというと、施設:接客:料理=4:4:2くらいの割合で、施設と接客が良ければお料理は普通レベルで充分満足してしまうんです(笑)

辛口コメント私はとても好きですし参考になります。同じ宿に行きながらも、なるほど、このような見方もあるんだなぁと新しい発見もあるので楽しいです。私はブログ等で発信はしていませんが、同じような趣味で宿のお話しができるような方が周りにはおりませんので、またちょくちょくコメントさせてください。

カワイイお出迎え - 森のセンベイ

2019/01/22 (Tue) 09:24:40

福島の人さん、こんにちは!

>施設:接客:料理=4:4:2くらいの割合…
4:4:2、確かにそうですね。
旅の行程以上に到着後のくつろぎの時間が大切ですし、
施設や客室が良いと、期待感、わくわく感がぐっと高まりますよね。

そう考えていくと、2つのリトリートは如何でしょう。
愛媛と富山ですが、特に雅樂倶はアートに包まれたミュージアム。
”やわらぎ、はずみ、ときめき、高鳴る”別世界…。
連泊したくなりますよ(笑)。

経営マネージメントで2、6、2の法則がありますが、
我が家では、実際はこれに近いのかなあ…。
確かに料理には拘りたいものの、もてなし面で頑張っていると、
結構、あとは許しちゃう(笑)。
>施設と接客が良ければお料理は普通レベルで充分満足してしまうんです…
これと同じ!ですね(笑)。

ところで聞きたかったことがあるので、
もう少しだけお付き合い下さい。

函館での宿泊は殆どBHばかりでしたが、野口グループのホテル、
興味津々です。
メゾネットならではの居心地や使い勝手、
料理の様子などはどうでしたでか。

そのあたりをご教示下されば幸いです(__)。



PS.屈斜路湖のワッカヌプリ、ご存じですか。
うちのは一目惚れです。

Re: はじめまして。 - 福島の人

2019/01/22 (Tue) 15:06:21

こんにちは。
やはりもてなしの気持ちは大事ですね。とはいえ、それなりの金額を払っている以上は、「頑張っているのだけど、すべきことができない」に対しては私は厳し方かもしれません(笑)
それと肝心な事を忘れていました。私達は夫婦共に騒がしい子供が苦手なのです。宿で寛ぐことを目的にしている以上、客層や騒がしい子供が居た際の配慮等も厳しく見てしまいます。私達には子供不可にしている宿がベストですね。森のセンベイさんの宿泊記を拝見していると他の客や子供についての苦言等は無かったような気がしますがあまり気にはなりませんか?

お恥ずかしながら我が家は遠征はほとんどなく、するとしても年に一度、そのほか2~3回県内外の近距離の宿を利用するくらいですので、リトリートという言葉自体初耳でした(笑)早速検索しました。アートには縁の無い人間ですが、素敵なお部屋で心が惹かれました。年に一度ではありますが、現在甲信越地方を攻めているところですので、富山を訪れる際には間違いなく候補に入ると思います!
そんな私ですのでワッカヌプリも全く知りませんでした。こちらも素敵なお宿ですね...1日1組限定!?この金額でこれが叶うとは驚きですね。しかしかなり遠いので、なかなか宿泊が実現するのは難しそうですが...

函館の宿についてですが...長くなりますがよろしいですか?
函館で私が利用したメゾネットのお部屋は、入ってすぐに脱衣所とお風呂があります(笑)そこから階段を下りて広い広いソファーがあるダイニングスペース、真ん中に畳スペースその先にこれまた広い寝室があります。ダイニングと寝室どちらの面にも窓があり、2方向から北海道の景色が楽しめます。
お風呂と出入口が2階にあるというのはとても珍しい造りですよね。個人差はあると思いますが、お部屋の出入りや部屋風呂に入る度に階段を上り下りするのはとても面倒でした(笑)今までで1番と言っていいほどの広い広いお部屋でしたが、それもそれで不便だなと感じました。ほどほどが一番です。

食事は食事処(個室)でするのですが、まずすぐ隣のお部屋が、私達の苦手なお子様連れのご家族で、壁を隔ててもとても騒がしかったので対処していただきました。(ここのお宿は部屋の外はどこも暗めの落ち着いた雰囲気ですしお子様には向かないと思うのですが...)こちらが部屋の移動を申し出たのですが、お子様連れの方に移動してもらうという形となり、申し訳ないと思いつつも最初からその考えには至らないものかと思ってしまいました(辛口)。また、苦手なものを予約時に聞かれていたので記載しましたが、それが入っていました^^;これについてはその後沢山謝られ、料理長の方からも謝罪を受け、更には朝食時のご飯を特別にウニ飯にしてくださるなど余るほどの配慮がありました。そもそも私の苦手な「梅全般、紫蘇も含む」は旅館にはほとんど欠かせない要素であり完璧に守られた宿は今までほとんどありませんのでそんなに気にはしないのですが...。
お食事の内容は新鮮な海のもの、特に生ウニはとても美味しかったです。和食中心ですが洋食もあり、ラムチョップなんかも出てきました。私は全てが和というよりはこのような形の方が好きですが、舌の肥えた森のセンベイさんのお口には合うでしょうか?

朝食時は洋と和が選べます。朝からブイヤベースが出てきて大喜びだったのですが、食事処の人手が全く足らず、ブイヤベースを食べ終わっても一向に下げに来ないうえ、着火剤の火がなかなか消えず煙が出てきてしまったので慌てて人を呼びに行きました(笑)

このように朝晩と色々あったので味の記憶がいまいちありません。施設もお部屋も立派ですし、人手不足や配置等はまだまだ改善できる部分があると思います。確かお部屋のアンケートにも事細かに記入してきました。ミスやこちらの苦情への対応も悪くなかったので、もっともっと良くなっていくと期待しています。

このような感じでよろしいでしょうか?本当に主観のみで書いていますのでご参考までに...。文才が無く読みづらいですがご容赦ください。宿について語るのはとても楽しいので、またなにか私でお役に立てるようなことがありましたら何でもおっしゃってください。

余談ですが2泊目に宿泊しました、HAKODATE男爵倶楽部HOTEL & RESORTS。こちらは高級旅館ではありませんがアクセスが良く、朝食のバリエーションが豊かで観光にはとても便利でした。

Re: カワイイお出迎え - 福島の人

2019/01/22 (Tue) 18:16:48

画像も添付できるようなので宿泊の際のものを添付してみますね。撮るのが下手なので分かりづらいかもしれませんが、ご参考になれば幸いです。

無題 - 福島の人

2019/01/22 (Tue) 18:26:46

連投すみません、画像うまく添付できませんでした。明日パソコンからやってみます。

Re: はじめまして。 - 福島の人

2019/01/23 (Wed) 10:22:36

おはようございます。
1枚ずつしか投稿できないようなので、お部屋から。

Re: はじめまして。 - 福島の人

2019/01/23 (Wed) 10:53:21

続きです。

Re: はじめまして。 - 福島の人

2019/01/23 (Wed) 11:32:29

続きです。2

Re: はじめまして。 - 福島の人

2019/01/23 (Wed) 12:04:38

これで最後、お部屋のお風呂です。
お料理はやめておきますね。

リトリート! - 森のセンベイ

2019/01/23 (Wed) 17:59:39

福島の人さん、こんにちは!

まずお詫びです。掲示板に不具合があり、管理者で入れず、
コメント承認も出来ない状態が続いていました。
HPの更新情報ではお伝えしていましたが、大変失礼しましたm(__)m。

さて何度もコメントをいただき、有り難うございます。

函館のホテル、詳細な情報、有り難うございます!
ここまで詳しく書いていただき、
感謝と共に、既に宿泊した位の自信があります!(笑)。
函館では定番の「裏長屋」という居酒屋で北海道周遊の〆をしていましたが、
紹介のお宿なら食事もそこで完結するのが嬉しいです。
男爵倶楽部を含め、素敵なホテルが増えましたねえ。
新幹線という新しい交通手段も出来たので、是非訪れたいと思います。

>宿泊記を拝見していると他の客や子供についての苦言等…
我が家は混雑が大の苦手なのでGWは動かず、年末年始も殆ど宿泊しません。
ウィークデー中心の宿泊なので、たまたまなのかも知れませんが、
幸い喧噪には出会ったことはありませんね。

また幼いお子さん連れの家族の場合、逆にほほえましくて
ついつい話しかけてしまいます…(笑)。

ところで梅全般と紫蘇が難しいのは、なかなかご苦労があると思います。
刺身のつま、椀物、朝ご飯など数多く使われているので、
かなり制限されてしまいそうで、心中お察しします。
それこそ北海道に「たんたかたん」という紫蘇のお酒がありますが、
結構いけるんですけど、難しいのでしょうね。

先ほど見ましたが、写真も掲載してありますね。
細やかな文章力があって、ホテル写真もあるのなら、
そろそろブログデビューも近いのかな(笑)。

Re: はじめまして。 - 福島の人

2019/01/24 (Thu) 13:53:57

こんにちは。
何ともまとまりのない、感情のままにダラダラと書いてしまった文をご高覧くださりありがとうございました。お恥ずかしい限りです。システム不具合が私の無駄に長い文章と無駄に大きい画像のせいでしたら申し訳ないです!

函館は去年伺ったばかりで、私も新幹線を利用しました。飛行機が苦手なので助かります。悪いことばかり書いてしまいましたが、NOGUCHIさんは現地のタクシーの運転手さんにも評判でしたし、今日出先で読んだ婦人画報の札幌ツアーの宿泊先にもなっていましたよ。森のセンベイさんの北海道旅行の記事も楽しみに待っています。

旅行が平日とは羨ましい限りです。私は土日祝日になってしまうため、遭遇する割合が高いのでしょうね。それとやはり器の大きさの違いでしょうね(笑)子は宝ですから、他人のお子様にも寛大になりたいものです。

梅は、そうですね。大抵は夕食最後のお食事の際にお漬物と一緒に置かれるのですが、たまに和え物などで小鉢などに潜んでいる事がありますね(笑)ですが経験を重ねているうちに怪しい小鉢の判別も容易にできるようになりました!旅館等では聞かれなければ避ければ良いので特に言わないことが多いのですが、あちらから聞かれたのにも関わらずほぼ100%見落としがあるくらいなので、私より旅館の方が苦労してる気がします(笑)
鍛高譚、存じ上げてますよ~、もちろん、飲めません!

ブログは一度試してみたことがあるのです。ですがもともと旅行の頻度も少ないうえ面倒くさがりで飽き性なため、数か月で辞めてしまいました。口コミや今のように人様の掲示板でちょこっと書くくらいが丁度良いです(笑)なので、ご迷惑じゃなければまたお邪魔させてください。

ここ、なかなか素敵でした。 - 森のセンベイ

2019/01/24 (Thu) 18:23:45

福島の人さん、こんにちは!

システム不調の原因は分かりませんが、
画像の大きさ、文章の長さは関係ないので、心配ありません。

勿論週末にも出掛けますが、
一泊なら出来るだけ外して、
日、月。或いは金、土というパターンが多いかも知れません。
大昔は学校行事(運動会、体育祭等)関係で月曜日が振休?になったので、
じゃあ、一緒に休んじゃえ!!というパターンでした(笑)。
連泊の場合は月曜日発が多いでしょうか。

家庭画報や婦人画報、ビジュアル面で素敵ですね。
ホテルや旅館が掲載されたときは必ず読んでいます。
(今Amazonやdocomoで読み放題があるので、助かっています)

>怪しい小鉢の判別も容易にできるようになりました!
本人ならではの独特の嗅覚なんでしょうか…
思わず笑ってしまいました。座布団3枚です(笑)。

こちらの掲示板は24h、WELCOME!です。
ダラダラなんて思ったことはありませんよ~。
ブログ掲載したお宿、ここで紹介!もありですよ~。

大した記事は掲載していませんが、いつでも気軽においでください。

Re: はじめまして。 - 福島の人

2019/02/06 (Wed) 15:01:53

こんにちは。

そろそろ夏の旅行の計画を立てる季節ですよね。(周囲の人からは早いと笑われますが...)
もともと今年は長野に進出したいので軽井沢旅行を予定していたのですが、ごく普通のツインの部屋でも4万円越えという有り得ない額を目にしてしまったので軽井沢を辞め、是非再訪したかった亀やさんを予約しました。もちろんHOURAIのお部屋です。こちらもお盆料金で高額にはなっていますがお部屋やサービスを考えると納得です(笑)今から宿泊が楽しみです。

また、今月末にはよもぎ埜さんに宿泊予定です。両親へのプレゼントでちゃっかり自分たちも宿泊します。こちらは2回ほど宿泊経験がありますが8年も前なのでどのように変わっているか、とても楽しみです。宿泊後またこちらに感想を書きにお邪魔させていただくかもしれません(笑)

Re: はじめまして。 - 森のセンベイ

2019/02/06 (Wed) 21:21:27

長くなったので、↑に行きます。

リンクの件ですが。 - ジャン URL

2018/10/03 (Wed) 08:56:05

こんにちは。
ジャン(史家)です。

あの後、時間がかかりましたが、ソネブロに問い合わせたのです。
回答はですね。

「お問い合わせの件につきまして、ご案内いたします。
ご連絡くださいましたURLは、ブログ形式でない・RSSの配信のないWebサイトでございます。
そのため、「読んでいるブログ」にはご登録いただけません。
なにとぞご了承ください。」

だそうです。
専門用語があって私もイマイチ理解できてないのですが。できない、というのだけわかりました。
申し訳ございませんがご了承くださいませ。

Re: リンクの件ですが。 - 森のセンベイ

2018/10/14 (Sun) 10:06:54

船山史家さん、こんにちは!

最近こちらの掲示板からご無沙汰しており、
しばらく気づきませんで、申し訳ありませんでした。

リンクの件、大丈夫ですよ。
それよりも、
いろいろお手数をかけて頂いたことに感謝です。

今週、青い池に行ってきました。
周辺の紅葉も見事でした!

とおの屋要 - 森のセンベイ

2017/04/04 (Tue) 18:28:57


「旨いどぶろくが呑みたい」

「美味しい料理が食べたい」

それを叶える岩手の『とおの屋要』さんをアップしました。

ご主人の要太郎さんは料理人であり、

杜氏でもあります。

しかもどちらも極めたいという並々ならぬ姿勢は、

俗に言うならば食の世界の”大谷翔平”。

それが過言ではないほど希有な存在のお宿です。

L'evo レヴォ 富山フレンチ - 森のセンベイ

2016/08/14 (Sun) 19:28:40


リバーリトリート雅樂倶にある「L’évo レヴォ」で
フレンチをいただきました。


NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」に
出演したり、
ミシュランガイド富山でも
☆を獲得したようですが…。

Re: L'evo レヴォ 富山フレンチ - レッドガイド

2016/08/21 (Sun) 10:00:34

森のせんべいさま,おはようございます。突然のコメント,朝からスミマセンm(._.)m 
NHKの仕事の流儀でレボを見て以来ディナーでお邪魔したいと考えておりました。いろいろな評判を読ませていただくと高い評価が多い中かなり低い方もいたので,どういうお料理なのかと思っておりました。
前衛的フレンチとか革新的とか言われていたりしていますが,お味はいかがでしたか。お料理は絶対おいしくいただきたいので,これはお食事された方に直接訊くのが一番だと思いました。ブログを読みましたが、そのあたりのニュアンスがもう一つだったもので(;^_^A スミマセン!
突然で申し訳ありませんが,どうぞよろしくお願いします。

何を矜持とするのか… - 森のセンベイ

2016/08/22 (Mon) 17:55:50

レッドガイドさん、こんばんは!

拙いHPを見ていただき、有り難うございます。
レヴォの件ですが、ページで書いた通りです(笑)。
端的に言えば「拘りすぎ」かなあ。

カトラリーを引き出しから取り出すのはOK。
でもフォークもナイフも柄が細くて使いにくい。
箸もデザイン重視で、使い勝手が悪い。比重を無視しているので、料理を落とす恐れがある。
独特な器も面白いが、傾いた器に鯛料理で汁がこぼれ、おしぼりで拭きながらいただくことに…。
最後のデザートの器はででっぽの巣?

料理の彩りや見た目は美しく、味は複雑かつ濃厚。
苦みの鮎を味わうのは独創的。
生後68日の若鶏と告白され「姿焼き」て食欲減。
食材本来の味とフレッシュ感は無く、グラニテや白ワインが合いそう。

地元を揃えることを矜持とするのか、
客本意に拘るのか、その方向性だと考えています。
レストランを素敵空間として捉える方、
店の佇まいと共に流れる上質な時間、雰囲気も御馳走に愉しむ方には、間違いなくお勧めできるでしょう。

Re: L'evo レヴォ 富山フレンチ - レッドガイド

2016/08/23 (Tue) 10:25:12


森のせんべいさま,お返事ありがとうございます!
レボを高く評価している方は店の雰囲気に満足しているようですね。カトラリーが素敵とかテーブルがすっきりして良いとコメントしていましたが,使いにくいというのは初耳です。いろいろなお料理写真を見ると器はとっても素敵(*^_^*)
以前京都でいただいたフレンチも見た目は豪華でしたが,味はもうひとつでした。食べてみないと分からないものですね。とっても参考になりました!
ところでせんべいさまはリトリート雅樂倶に泊まられたんですか。

リトリート 素晴らしいお宿です。 - 森のセンベイ

2016/08/26 (Fri) 17:58:59

レッドガイドさん、こんばんは!

まず食べてみることが大事だと思います。
美味しいか否かはそれぞれの嗜好によって異なるし、何をもって旨いと考えるのか、その点も人それぞれでしょう。
カフェのお店お洒落なインテリアやロケーションで格段に味が変わるもの。
たとえコーヒーが不味くてもそれらが良ければ美味しく感じるかも知れません(笑)。

リトリート雅樂倶、再訪しました。素晴らしいお宿です。
いずれアップしますね。

無題 - はな

2013/09/05 (Thu) 19:02:30

森のセンベイ様。こんばんは。毎日書き込んでしまい申し訳ございません。フェザント是非行ってみたいです。森のセンベイ様お墨付きでしたら間違いございませんね!奥様と同じ赤いバックがほしいです。また、ご紹介されておりました弘前の革のお店にもいってみたいです。このような日本の美しい文化を後世にも残していってほしいです。秋はあんこうの季節ですね。私もあまり得意ではなくどちらかというと、秋はお蕎麦と果物、栗がたのしみだったりいたします。ほしいもお好きでいらっしゃいますか?見た目がイマイチなため敬遠されるかたもいらっしゃるとききます。栄養価が高く自然食品なので、私は大好きで一日3食(笑)のときもございます。飛田勝治農園さんが個人的にオススメです。(飛田さんという名字でホシイモ農家さんが多い地域ですので、お間違えなさいませんように。。)森のセンベイさま。次回はおおいにお腹をすかせていらしてくださいね! お待ちしております。

Re: 無題 - はな

2013/09/05 (Thu) 19:50:42

誤って新規で投稿してしまいました!すいませんm(__)m

干し芋は昔からおやつの定番でした - 森のセンベイ

2013/09/05 (Thu) 21:09:44

はなさん、早速のご返事、有り難うございます。
コメントはどちらに書いてもOKです(笑)。

飛田勝治農園さん、早速HPを観てみました。
ひとえに「安全で美味しいもの」にこだわり生産されていますね。
日本の農家はやはり素晴らしいです。
>日本の美しい文化を後世にも残していってほしいです。
全く同感です。
一番身近にあるものを今後も愛用、応援していきたいと思います。

はなさんのコメントから、なかなかのこだわりが垣間見られました。
分からないことだらけなので、これからも宜しくお願いします。
PS「~様」、これ駄目です。禁句です。

Re: 無題 - はな

2013/09/05 (Thu) 21:55:18

森のセンベイさん(様ではなく、さんで呼ばせていただきますね!)お宿もお料理も、ものづくりも大切なのは心ですよね。こちらこそいろいろお教えいたたきありがとうございます!あたたかい、ひろーい心の森のセンベイさんのホームページに出会えて本当に嬉しく思っています。出会いは素晴らしい、人生は楽しいですね。長々失礼しました。よい週末をお過ごしくださいませ。

旅行スランプから脱却中 - アグネス URL

2013/09/13 (Fri) 05:07:20

はじめまして、はなさん。
「里海邸」さん、楽しんできて下さいね、素敵なオーナーにもどうぞよろしくお伝え下さい。
私は10月のプレオープン時に連泊し、ランチは水戸に出てイタリアンを食べました。
こじんまりしたお店で、お茶目なシェフのいる「リストランテ・ダルソウシ」さんです。
連休中でしたが、この日は私達の貸切でした。
豆大福の「小倉屋」さんもその時行きまして、単品だけで勝負ってすごいと思いました。
個人的には母方の遠縁にあたる京都ふたばのものがなじみ深いです。
あちこちの催事でも買えますしね。
「パン工房 モリヤ」さん、「みよし亭」さんも行ってみたいなぁ。
今年はリピート宿は5泊以内と自分で決めたので、他はランチなどで伺っている状況なのですが、来年は「里海邸」さんと教えて下さったお店もめぐりたいです。
又いろいろと教えて下さいね。

森のせんべいさん
お久しぶりです。
花嫁の長いベールが麗しい!

ご主人が若くてカッコイイ、確かに。
七夕に富良野にオープンした「オーベルジュ・エルバステラ」さんのオーナーシェフを推薦します(笑)。
ほのぼのした雰囲気で、厳選素材を使った繊細な料理を出して下さいました。
まだ若いご夫婦が始められたばかりで、今は宿泊のみ3室だから全室制覇も考えまし
たが、次回からはレストランへと思っています。
というのも、おとなりの美瑛「お宿 一凛」さんに泊まって2食食べたいから。
これはオーナーご夫妻と出身地や年齢が近いから、そう感じるのかも知れません。
というわけで、この夏で「一凛」さんと広島「石亭」さんの全室制覇ができました。

今年はどういうわけだか、イタリアンの宿にご縁があり、新規オープンの宿でも食事はイタリアンが多くて。
昨年オープンですが、丹後「小さな白い花」さん、郡上八幡では「オーベルジュ雀の庵」さんへ。
7月オープンの阿蘇の「心乃間間」このままさんは、設計家さんにおすすめの部屋をお聞きして決めました。
こちらはせっかくだから暖炉に火の入る頃に。
熊本は同じ7月に「天使の梯子」さんと同系列の「天草 天空の船」さんもできました。
あるイベントにあわせて検討中なので行けても来年です。
先週スイート6室が新たにできた鳴門の「モアナ・コースト」さんは13年ぶり。
前回は桜の季節でしたが、やはりイタリアに行った年でしたから自分でも不思議です。

以上、近況報告を兼ねたニューオープン情報でした。

写真はやはり七夕にオープンした、北海道上川町のオーベルジュ「フロテッロ・ディ・ミクニ」さん。
ヴィラのテラスでの朝食です。
こちらは隣接するガーデンのできる来夏以降がおすすめです。

すてきなブログが! - 森のセンベイ

2013/09/13 (Fri) 18:57:44

アグネスさん、こんばんは!
ご無沙汰しています。

また旅行が再開されたようで、何よりです。
いろいろな新規宿が登場しましたね。
精力的に巡られているようで、お宿の名前を聞いただけでワクワクしてきます。

ニューオープンのお宿は、
東京五輪でも登場した「おもてなし」や、
お客を引きつける魅力に溢れているでしょうから、
そのお宿マジックにかかったら最後、虜になってしまうのでしょう。

またアグネスさんの場合は、単に宿と客という立場を超えて、
ご主人や女将さん、或いは設計士や建築家とお宿作りにかかわられているので、
なお一層思いを深くするのでしょう。
お宿巡り以上に、素敵な方々との交流や出会いが足を運ばせるのではないでしょうか。

ハンサムウーマン…じゃなかった、
若くてかっこいいご主人に会うのも必然(笑)??

A&Pのお宿千夜一夜を見ました。
そちらに書き込みをしようと思っていたのですが、そういう欄がないようで、
こちらで失礼します。

こんな素敵なページを作っていたのですね。
広大な砂漠を流浪し、オアシスを見つけた気分です。
今後の旅行の参考になる宝が沢山込められているので、嬉しいです。
ゆっくり拝見したいと思います。
お宿やレストラン情報も魅力ありますが、
一番惹かれるのは、趣ある表情を醸し出している猫ちゃんかな(笑)。

明日は能舞台初体験。
途中で寝ないか、いびきをかかないか、ドキドキ(笑)!

PS.興味津々な情報が盛りだくさん。
早速iPhone画面(右下)に登場しました。

Re: 無題 - はな

2013/09/17 (Tue) 15:28:50


アグネス様

はじめまして。こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。
全国の素敵なお宿のご紹介いただきありがとうございます。
アグネス様のブログも夢中になって一気に拝読させていただきました。
お宿一凛さんや、オーベルジュエルバステラさんも是非いってみたいです。
ご主人が若くてかっこいい~なんて♪楽しみがもう一つ増えました!行きたいお宿が増えすぎてしまって
生きているうちに、全部制覇できるのかどうかが不安になってまいりました。(笑)
県内にはいままでおすすめできるお宿がなかったので、
里海邸さんがオープンしてとても嬉しく思っています。
小倉屋さん、ダルソウシさんにも行かれたのですね。
次回は、
みよし亭さんにもよろしければ足をお運びくださいませ。今からですと来年いっぱいは
難しいかもしれません。
私はあまり、今までインターネット上の掲示板等に書き込みをしたことがなかったのですが、
森のセンベイさんのHPBBSは人と人とのつながりを
感じることができ、ほっとする空間で、思わず書き込みをしたくなってしまいます。このような場を設けてくださり
ありがとうございます。


一つお願いがあるのですが、、
千葉県内のお宿でお勧めがあればぜひ教えていただけないでしょうか?
お名前にあがっていたオーベルジュ・ド・マノワール吉庭
というのはいかがでしたでしょうか?

はなさんも是非! - 森のセンベイ

2013/09/17 (Tue) 16:56:22

はなさん、こんにちは!

そうなんです。アグネスさんの行かれたお宿を巡ろうと思うと、
一体何十年かかるのだろう、と思います。

はなさんは若いから大丈夫でしょうが、
私は年なので無理。
最近は2020年東京オリンピックを元気で見よう!が我が家の合い言葉です(笑)。
そうそう、1964年オリンピックは東京で聖火リレーを生で観ました!

さて、実はずっと躊躇していたのですが、
 若い世代中心のお宿なのかな?
 我が家でも大丈夫?
 ドキドキ…
アグネスさんお勧めの「おとぎの宿米屋」、訪ねることになりそうです。
昔話に思いを巡らしながら、料理をいただいてみたいと思います。
もちろんはなさんなら、ジャストぴったりだと思います(笑)。

千葉 佐原 オーベルジュ マノワール 吉庭 - アグネス URL

2013/09/21 (Sat) 18:26:46

はなさん、お待たせしました。
1度お返事書いたのですが、消えてしまって・・・
とりあえず私の放置ブログに写真だけ出しました。
前後の写真がないので、探さなくては。
それから千葉はあまり行かないので、おすすめもよくわからなくてすいません。
年末年始に成田の近くで1泊するかもしれず、宿泊先を検討しなくちゃいけないのですが。

森のセンベイさん
そうですか、いよいよ。
泉質は佐賀の「風の森」さんあたりと似ていて良いですよ。
部屋は「さとの間」か本館2階の露天風呂が広いタイプを選ばれるといいと思います。
私がブログに書いていたタイプの部屋とはサービス内容が違います。
初訪問時は本館のベアチェアのある部屋にしました。
今は無料のカフェもあるし、冷蔵庫内フリーは不要かも。

写真は吉庭にすみついたちゃったネコ。
鹿児島・妙見温泉の「石原荘」さんにもいました。
チェックイン時間に現れる賢い子でした。
夕食時に個室訪問してくれた「三水館」さんちのにゃんぞうとか「角上楼」のタンちゃんとか、みんな元気かな~。
ねこ温泉、いぬ温泉って各地にいっぱいありますね。

ワンニャンに1票! - 森のセンベイ

2013/09/23 (Mon) 17:25:13

アグネスさん、こんばんは!

連休は出掛けていましたので、失礼しました。

米屋さんの話題を書いたら、川○さんという方から直メールをいただきました。
3ヶ月に一度は訪れているそうで、
「お湯も良いし食事も工夫されています」という事でした。
やはり女性に好かれるお宿なんでしょうね。
客室は仰る通り、「さとの間」あたりで考えています。

ねこちゃん、いいですね。
写真を見ただけで、もう駄目です(笑)。
温泉に猫ちゃん、わんちゃんは確かに多いですね。
お湯につかってまどろんで、ワンニャンの肉球に触れてでれでれして…。
癒やし系のいい番頭さん役を担っていると思います。

ところで温泉に出掛ける方こそ、自宅でワンニャン家族が多いようです。
特に猫ファンが多いような…。
猫ファンは温泉ファンに比例する??
「温泉と肉球に纏わる一考察」
なんて論文、誰か書いていないかなあ(笑)。

Re: 無題 - はな

2013/09/24 (Tue) 16:24:28

アグネス様。お忙しい中オーベルジュ・マノワール吉庭お写真のアップありがと
うございます。
後程ゆっくり鑑賞させていただきますね。ねこちゃんかわいい~~
三水館のにゃんぞう☆とは!!私の祖母の家と近いので度々おとづれます。
にゃんぞう様とは、一緒に寝ております(笑)気が付くと、布団にはいってくる
のですよね^^
かわいくてたまりません。また会いたくなってしまいました。

千葉のお宿で検索していて 気になるところがこちらです。http://www.awa-
kinokuniya.com/bettei/
お値段もリーズナブルですよね。千葉はドライブがてらいける範囲ですので、
行った際には
またご報告させていただきますね。


森のセンベイさん。

こんにちは!!東京オリンピックを元気で見よう!には笑ってしまいましたよ。
聖火ランナーを生でご覧になられたとはうらやましいです。
オリンピック開催は嬉しいと同時に、これからあらゆるビジネスが錯綜して・・・と
心配な部分も大いにありますね。
大切な場所やものを思う心は失わないでほしいなと願っております。
願うだけでなく微力でも私たちも行動しなきゃですね♪

おとぎの宿にいかえるのですね^^
わたしのいつか行きたいお宿リスト上位にランクインしているんです。
ジャストサイズでございますか?(笑)ありがとうございます。
森のセンベイさんのレポートが今から待ち遠しいです。
とっても楽しみにしておりますね。

紀伊乃国屋別亭、良さそう! - 森のセンベイ

2013/09/24 (Tue) 21:12:18

はなさん、こんばんは!

そうなんです。
聖火ランナーがやってきた日は雨にもかかわらず、人混みでいっぱいでした。
親父に抱っこされて眺めたのが、今のように思い出されます。

2020年の東京オリンピック、確かにいろいろあるでしょうが、
楽しみです。

という事で7年後を予想!
日本酒の出羽桜がニューヨーク、九平次はパリで認められ、
獺祭はレストラン兼営業拠点を来年パリに出すので、日本文化が一層花開くでしょう。
 ①「走り、旬、名残」を味わう日本料理が世界文化遺産に登録。
 ②「お・も・て・な・し」が世界標準に。
 ③外国人が大挙日本旅館にやってくる。
となると、お宿の予約が難しくなる??

やめ、撤回です(笑)。

無題 - はな

2013/09/26 (Thu) 14:31:14


森のセンベイさん。こんにちは。

いつも楽しいお話をありがとうございます!
お父様に抱っこされてなんて、、素敵な思い出ですね!!
7年後にはお宿がとりにくくなるのは、私たちにとって大変困りますね。
はい、撤回いたしましょう(笑)

来年の奥入瀬から岩手、宮城と5日間くらいかけて旅をしたいと思っています。
私は仙台の七夕祭りにしかいったことがないので今からプランニングがとても楽
しみです☆
だいこんの花と山風木 でしたら、お食事の量以外で何か異なるポイントはござ
いますでしょうか?
お勧めはやはり山風木さんでしょうか?
(私はかなりの小食らしいので、ボリュームはあまり問題ないんです><)
また、岩手の湯川温泉 山人が気になるのですが、、こちらの情報はございます
でしょうか?

是非、またお勧めスポットなど、いろいろ教えていただけたら嬉しいです。
宜しくお願いします。

東北は温泉がいいですよ。 - 森のセンベイ

2013/09/26 (Thu) 22:35:19

はなさん、こんばんは!

来年は東北ですか。今から先手必勝パターンですね。
5日間となると、たっぷり楽しめそうです。
ついでに出掛けるまで、たっぷり悩んでください(笑)。

訪れる季節が分かりませんが、覚えで書いてみます。

奥入瀬は渓谷が素晴らしいです。
初めて訪れたのは盛夏でした。以降春、秋、初冬などに訪ねました。
一番はやっぱり紅葉の時期です。
特に蔦温泉、それと湯川山荘から十和田湖周辺が錦秋に染まって鮮やかでした。
少しは走りますが、初冬の八幡平は枯れた針葉樹林が蕭蕭たる様を物語っています。

新緑の奥入瀬は散策にぴったりです。
小さな滝や清流が清々しいので、車は是非置きたいです。

岩手なら花巻温泉周辺と宮沢賢治関係で楽しめます。
一関あたりの厳美渓、舟遊びの猊鼻渓も風情があっていいと思います。

山人は訪ねたことはありませんが、確かりんくさんが行っていたような…。
温泉通な方なので、直接聞かれるといいかも知れませんね。

だいこんと山風木、一番の違いは客室露天があるかどうかです。
客室露天や貸切温泉など温泉好きなら、間違いなくだいこん。
ただ、今はどうか分かりませんが、だいこんは客室から母屋まで通路が外同然なので、降雪時は厳しいかも。
食事処のコの字も、膝掛けを借りても辛かったのを覚えています。

遠刈田温泉なら、竹泉荘もありかも知れません。

概略を書いてみました。
また何かありましたら、いつでもお知らせ下さい。

無題 - はな

2013/09/30 (Mon) 11:52:27


森のセンベイさん。
さっそくお返事いただきありがとうございます。
いろいろ教えてくださり感謝いたします。ありがとうございます!!
東北は新緑の季節5月後半~6月上旬を考えております。
竹泉荘ですか~恥ずかしながら
存じあげなかったのですが、こちらも素晴らしいですね~!!
是非候補にいれますね。
4泊では、足りなさそうです!(苦笑)
紅葉の季節おすすめとのことですので
2本立てですかね♪森のセンベイさんおすすめのレザーのお店にもよらなければ♪♪
旅のプランニングをしているときが一番わくわくしているかもしれません。

JR九州が先日発表したクルーズトレイン「ななつ星in九州」に夢をはせております。
究極のリゾートと言われる天空の森に宿泊するプランがあるようですね。
あの自然に身を置くことが許される精神(と貯金(笑)も)に成長できたら、、、いつか!!と思っています。

ななつ☆ 早い実現を! - 森のセンベイ

2013/09/30 (Mon) 21:30:59

はなさん、こんばんは!

5月の後半の東北なら、新緑が青々しい一番いい時期です。
奥入瀬の散策、そして十和田湖で遊覧船もいいですね。
ゆったり巡りたいなら、手こぎボートがベストです。

竹泉荘は以前も同様の名称で結構高級路線でやっていましたが、
あまり評判がよくなかったので、今は外資が入っています。
ホテルライクな竹泉荘、料理重視(地物より海の幸が多いですが)の山風木、
お籠もり系のだいこんと言ったところでしょうか。

遠刈田周辺はチーズ工場、ちょっと足を伸ばして例のハンドバッグ、
白石方面に抜ければ、ドライブコースも快適です。
まだ先なので、マップ片手にあちこち出掛けてみてください。

九州の「天空の森」ですか。
以前から噂に聞いていたお宿です。
広大な霧島の大地に凄いモノを造りましたね。
>自然に身を置くことが許される精神に成長できたら…
どうしよう!
我が家は年齢的に成長が止まり、もう退歩だけですよ(笑)。

写真は平泉の世界遺産です。

山人と山桜・桃の湯 - アグネス URL

2013/10/15 (Tue) 07:08:25

おはようございます。
またまたご無沙汰しておりました。
9月後半に四国旅行し、その後私の仕事が多忙に。
仕事は来週いっぱい位で落ち着きそうですが、理由あって11月と年末年始の海外は全てキャンセルする事になりました。
残念ですが、資料整理の時間ができたと思うようにします。

さて遅くなりましたが、はなさんとの話に出ていた「山人」さん。
一昨年の7月中旬に泊まりました。
写真だけですが、整理したのでご参考になさって下さい。
この時は東北の「山」の名のつく宿めぐりがテーマで「山桜桃の湯」さん、「山人」さん、「山の手ホテル」さん、「ホテル・モンテアルマーナ」さんと泊まりました。
ふざけているようですが、どこもいずれと思っていた宿なので行けて良かったです。
残念ながら「山風木」さんや「櫻湯 山茱萸」さんはリピートになるのでパスしました。

写真アップ、有り難うございます。 - 森のセンベイ

2013/10/15 (Tue) 14:45:01

アグネスさん、こんにちは!

仕事が多忙とのこと、この3連休も大変だったのでしょうか。
早くゆったりできるといいですね。

山人の紹介、有り難うございます。
はなさんもきっと参考になることでしょう。
私もこちらのお宿に宿泊してみたくなってきました。

ちょうど来月、今回紹介にあった宿の近隣に宿泊します。
そこの県は我が家にとって、どうも鬼門なので、
本当は酒、いえ避け…。

東北は山里の広がる地域ですから、コメント通り「山」が付くお宿が多いですね。
東北6県で思い浮かぶ言葉を並べると、
「山奥」「豪雪」「別れ」「一人酒」「さすらい」…
まさに演歌の独壇場で、何処か哀しい(笑)。

写真は鶴岡の伊藤農園。
品種改良の妙?同じ房で赤と緑が鈴なり。もっと驚きが一粒で2色!

こんばんは - はな

2013/10/21 (Mon) 19:06:10

森のセンベイさん、アグネスさん。こんばんは!
仕事でバタバタしており、ご無沙汰してしまい失礼いたしました。山人さんのお写真ものせていただきありがとうございました!参考にさせていただきます。
さきほど、里海邸さんのホームページにアクセスしましたら、新しい宿泊プランが登場していました。早速来年度も予約してしました♪
だんだん寒くなって参りましたのでどうぞお体ご自愛なさって、穏やかな日々をお過ごしくださいませ。また遊びに参りますね!いつもありがとうございます。

無題 - はな

2013/09/03 (Tue) 14:18:25

はじめまして。里海邸で検索をしていて偶然たどり着きました。
素敵なホームページで魅了されてしまいました。ご紹介されておりました
上質な宿は、すぐに今後宿泊したいリストに追加させていただきました。
お教えいただきありがとうございます。参考にさせていただきます!

私は、笠間市の近くに住んでおりますので、ご紹介されていた
日動美術館にもよく足を運びます。
お食事処のお話がでておりましたので、、少しだけご紹介させてください。
笠間市のみよし亭です。私は年に2回ほど訪れております。
ご主人がメディアにはいっさいでないことを貫いており早15年ほどたつかと思います。
予約は一年先までいっぱいです。
普通のご自宅に招かれるという形ですので
お世辞にもインテリアや眺望がすばらしいとはとても言えない。。。のですが
お食事と器がお好きでしたら、喜んでいただけるかなと思います。残念な点は、量が少ないことです。
少し車を走らせまして、栗の家でお茶をされたら良いかとお
もいます。ギャラリー門とうつわや季器楽座にもぜひお寄りくださいませ。
伊東豊雄さんの手がけられた笠間の家も先日プレオープンいたしました。館内も自由に見学でき、
とても楽しかったです。稲田酒造さんもさまざまなイベントを行っております。四季蕎麦「山桜】さんも
ロケーションがすばらしいです。


とおの屋要さんの人生の成功=素敵な出会いに非常に共感しております。
こちらを訪れなければ出会えなかったお宿です。ありがとうございます。
最近30代になり、出会いの一つ一つに意味があるのだなあと
感じることが多くなりました。 


こちらのBBSのほかにブログもされていらっしゃるのでしょうか?
探してみたのですが、どちらからお伺いすればよいかわかりかねまして
宜しければお教えいただけたら嬉しく思います。
宜しくお願いいたします。

ありがとうございます! - 森のセンベイ

2013/09/03 (Tue) 21:33:10

はなさん、こんばんは!

拙いHPをたまたまでも見つけてくれて、嬉しいです。
>上質な宿はすぐに今後宿泊したいリストに追加…
有り難うございます。たぶん気に入ってもらえると思います。

里海邸もとおの屋要も、どちらもとても素敵なお宿です。
もともとこちらにいらっしゃっているアグネスさんご紹介の宿ですが、
共通しているのは、ご主人が若くてカッコイイという点でしょうか。。。
女性の方必見、いえいえ必泊のお宿です(笑)。

とおの屋要ご主人、佐々木要太郎さんはちょうどはなさんと同年位代だと思います。
限定一組の宿なので、ゆっくりお話ができる機会があります。
>出会いの一つ一つに意味がある… 同感です!!
よく「話に花が咲く」と言いますが、
元は次々と話題が出て会話が弾む、という意味なんでしょうが、
きっと花が咲くほど素晴らしい出会いになる、
という事なんじゃないかと思います。

笠間市の紹介、有り難うございます!
益子焼もいいですが、笠間焼の自由闊達な作風が好きです。
日動美術館もパレットが面白いし、散策にも最適。
近隣にお住まいのはなさんが羨ましいです。
「ギャラリー門」以外のお店は何処も訪ねたことが無いので、次回の楽しみが増えました。
みよし亭や笠間の家など興味津々です。
器も料理も大好きなので、貴重な情報は嬉しいです。
いろいろまた教えて下さい。

ブログは幾つかやっていましたが、煩雑になるので、数年前にこのHP一本にしました。
たまにまたこちらのHPを覗いてみて下さい。

無題 - はな

2013/09/04 (Wed) 11:47:49

ご丁寧にお返事いただきしありがとうございました。

ギャラリー門はすでに行かれてらっしゃったのですね。失礼しました。
奥様とてもおしゃれで素敵ですねー。モデルさんのようです。
笠間までいかれましたら、水戸の小倉屋の 豆大福もおすすめです。(個人的には、都内よりも美味しいと思いま す。)
パン工房 モリヤ もお気に入りです。
食ばかりですいません・・(笑)県内は、残念ながらサービスに関しては・・・なところが多いため
がっかりされてしまうかもしれません。
私は都内のレストランと比較してしまい、ついつい辛口になってしまいます。

とおの屋要様の件、アグネス様にもお礼申し上げます。
ありがとうございました。

またいろいろご教示いただければ嬉しく思います。
HPの更新も楽しみにしておりますね。花が咲くほど素晴らしい出会い!がたくさん
訪れますように!!
*酒造の名前を間違えておりました。正しくは稲田駅から臨む【磯蔵酒造】です。

また茨城に出掛けます。 - 森のセンベイ

2013/09/04 (Wed) 20:30:32

はなさん、こんばんは!

笠間や水戸方面のお店紹介、ありがとうございます。
>食ばかりですいません…
いえいえ、大好きです(笑)。
小倉屋さんもモリヤさんも全くの初耳ですが、うちのが好物なので、
必ず伺うことになると思います。ピンポイントの情報です。

>酒造の名前を間違えておりました。
やっぱりそうでしたか。検索してみたら、奈良の酒造会社が出てきて、
アレレ?と思っていました。
「磯蔵」のお酒は確か里海邸でいただきました。
美味しいお酒ですね。

茨城と言えば、偕楽園やつくば、各種工場見学等が思いつきますが、
我が家での家老級のモノは水戸のくめ納豆です。
他のに目移りしたときもありますが、
親企業が変わってもこよなく愛して、必ず冷蔵庫に入っています。

結構こういうローカル的な食品が好きなので、
はなさんのお話は、とても参考になります。
そういえば昨日、水戸市の観光課からイメージ調査依頼がありました。

里海邸が順調に歩んでいるようなので、ホッとしています。
再々訪?して、はなさんのお勧めスポットも回りますね。

Re: - はな

2013/09/05 (Thu) 05:18:19

森のセンベイ様。おおきな納豆の画像に思わず笑ってしまいました。私も納豆大好きです!舟納豆の工場に行き大量購入しています。こちらの本を参考に県内の美味しいもの探しをしています。茨城のおいしい贈りもの―ほんのきもちです (ゆたりブックス)里海邸には秋に宿泊します。県内で宿泊はあまりない今からとても楽しみです。また楽しいお話をお聞かせくださいませ。素敵な奥様の御愛用のお品、お気に入りも気になるので是非コーナーをリクエストしちゃいます。ありがとうございました!

いい旅を! - 森のセンベイ

2013/09/05 (Thu) 18:10:05

はなさん、こんばんは!

「茨城のおいしい贈りもの―ほんのきもちです」
タイトルが奥ゆかしくていいですね。アマゾンで買ってみたくなりました。
秋の里海邸となると、アンコウ料理が美味しくなる時期ですね。
よくご存じでしょうが、秋の大洗周辺ではアンコウの看板を沢山見かけました。
アンコウはあまり得意ではないのですが、野菜は新鮮だし、干し芋も旨い…、
茨城は都心からも近いので、いい立地だと思います。

蛇足ですが、うちのが身につけているモノは全てmade in 道産子…
じゃなかった!made inj japanです。
靴は全部REGAL、バッグはフェザントというハンドバッグメーカーです。

http://abegumi.com/pheasant.html に詳しく書いていますが、
遠刈田温泉(だいこんや山風木など)、青根温泉、秋保温泉、峨々温泉という
山里からほどよい土地に工場兼店舗を構えています。
東北にいらしたら、温泉とセットで出かけてみください。
そして旦那様におねだり!するといいと思います。
以前某高級ブランドバッグを試しに買ったら、
フェザントの方が遙かにいい皮革を使用しているのが分かり、
また最近は若手デザイナーによるカワイイ系も増えているので、加速気味に購入。
先週も!でした(笑)。

と言うことで、「いいもの~」を地で行くように、
日本製品を愛用しています。

蛇足が一番長かったですね(冷、汗)。
では秋のご旅行、「湯ったり」「舞ったり」「呑んびり」なさってください。

掲示板をご覧の皆様へ - 森のセンベイ

2013/09/04 (Wed) 20:35:24

最近、広告などの書き込みが増えておりますので、
暫くの間、承認制にさせていただきます。

ご迷惑をかけますが、宜しくお願いします。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.